アワガミインクジェットペーパー 和紙 プリントのコツ

印刷適正(発色)についてですが、データの再現性を追及した製品ではありますが、西洋紙の専用紙を目指した製品ではありません。あくまでも和紙の素材感を残しつつ、従来からの和紙の課題であるにじみや色の沈みを改良した商品、ということになります。 アワガミインクジェットペーパーはインクの定着と印刷適正を改良するため、表面にコート剤を塗布しておりますが、この層を厚くすればするほど、洋紙の専用紙に近づけることが可能です。ただし印刷適正のみを追及すれば既存のインクジェット用紙になってしまいますので、和紙の風合いを残しながら印刷適正を向上するという課題に挑戦した商品です。

プリントをする前に

プリンタのヘッドの汚れをきれいに、紙の反りを抑えてからプリントを行ってください

用紙が反っているとプリンタに通らない時があります。
反りを手で調整してください。
日本は湿気も多く、封から出したらすぐ使ってもらうのがベストです。
もし反ってしまっているものがあったら、かるくしごいて反りを抑えてください。
手漉き和紙(びざん、白峰はがき)は耳(四辺)の部分が厚くなっていたり、毛羽立ったりする場合があります。プリンターヘッドに当たらないよう平滑になるように押し撫でるなどしてください。
ヘッドが紙に当たりますと、紙が汚れたり、ノズル詰まりの原因となります。

反りの部分がヘッドにかかってインク汚れを生じた例
↑ 上の画像は、反りの部分がヘッドにかかってインク汚れを生じた例
和紙インクジェットペーパーのプリントの前に プリンタヘッドの汚れを取ります
ブラシで軽く紙粉をはらってください

使う前にはブラシでかるく紙粉をはらってください。
プリンタに紙粉が付くのを防ぎ、紙粉により印刷が飛ぶことも防ぎます。

印刷する面について

A.I.J.P.は、パッケージに入っている表側が印刷面になります。

群雲こうぞ
「群雲こうぞ」は、裏面には印刷できません。

竹和紙
両面印刷が可能です。
耳付きタイプの「竹和紙220g/m2」は、裏面に印刷できません。

三椏二層紙
裏面には印刷できません。


裏面には印刷できません。

楮二層紙
裏面には印刷できません。

雲流
裏面には印刷できません。

いんべ
両面印刷が可能です。
両面印刷可能な「いんべ」も裏表の風合いが違い、つるつるした面とざらざらした面があります。
インクののりはさほど変わりません。

びざん
裏面には印刷できません。
「びざん」は職人が1枚ずつ漉いた全行程手作業の製品で、紙を乾かす時にも裏面を板に貼って自然乾燥しています。板についた裏面はインクジェット用の加工は施していませんので、印刷用としての風合いが良くありません。

プレミオシリーズ
裏面には印刷できません。

白峰はがき
裏面には印刷できません。
「白峰はがき」は職人が1枚ずつ漉いた全行程手作業の製品で、紙を乾かす時にも裏面を板に貼って自然乾燥しています。板についた裏面はインクジェット用の加工は施していませんので、印刷用としての風合いが良くありません。

アワガミインクジェットペーパー AIJP ページTOPへ

プリンタについて

染料インク・顔料インクとも対応OK! 紙の厚みをご確認ください

全メーカーのテスト結果がありませんので、一概には言えませんが、プリンタにより、紙の厚さに制限があるようです。
A.I.J.P.の厚さは、一番厚い「びざん」が種類により、0.3〜0.7mm、「白峰はがき」が0.46~0.5mmあり、厚手の紙に対応していないプリンタですと印刷面が汚れてしまうことがあります。また「白峰はがき」と「びざん」についてはプリンタに給紙されにくいことがありますが、上から軽く押してやると給紙されます。ただ、強く押し込むことはプリンタの故障の原因になりますので、お止め下さい。
それ以外の厚さは 0.3mm以下なので、ほとんどのプリンターに対応しておりますが、ご使用になる前にお手持ちのプリンタの取扱説明書をご確認下さい。

アワガミインクジェットペーパー AIJP ページTOPへ

プリンタ設定方法

アワガミファクトリー推奨のプリンタの設定方法をご紹介します。

アワガミインクジェットペーパー AIJP ページTOPへ

ICCプリンタプロファイルについて

プリンタープロファイルは正確にキャリブレートされたモニタと、実際に使用するプリンターと設定、用紙の組み合わせにおいて、両者の発色をマッチングさせるために使用するデータです。
ご利用環境での正確なモニタプロファイル、プリンタープロファイルを使用することで、自在にプリント結果をコントロールすることが出来ます。
→ICCプロファイルについて詳しくはこちらのページで

アワガミインクジェットペーパー AIJP ページTOPへ

インクについて

アワガミインクジェットペーパーは原料を厳選し、オリジナルコート剤を塗布し、
保存性に優れた中性紙です。「顔料インク」でも「染料インク」でも出力いただけます。
作風や用途、お手持ちのプリンターの機能などを考慮され、A.I.J.P.でプリントをお楽しみください。
インクに関する詳細は、各種プリンターメーカーにお問い合わせいただくことをお勧めいたします。
アワガミファクトリーでプリントする場合は、マットブラックを使っております。
→プリント出力サービスについて

顔料インクと染料インク

アワガミインクジェットペーパー AIJP ページTOPへ

解像度について

画像解像度

目安として、出力サイズで300dpiくらい。

印刷解像度

プリンタ側の設定で解像度を上げてあげると階調がきれいに表現されます。
例)ふつう−高品質、とあったら「高品質」にする。

アワガミインクジェットペーパー AIJP ページTOPへ

テストプリントについて

塗布しているオリジナルコート剤はどの紙も同じです

A.I.J.Pシリーズに塗布してあるオリジナルコート剤は、どの紙の種類にも同じものを使っておりますので紙の種類に関係なく、テスト用紙でテストプリントして本番プリントをしてください。例えばテスト用で「楮」を使用し、本番用で「びざん」を使う、というふうにです。紙の地色(白、生成等)の違いにより、見え方は変わりますのでご注意ください。インクジェットは出力されて30分以上経過しないと色が安定しません。出力してすぐに調整を施してしまうと無駄になりますので、ご注意ください。

アワガミプリント担当者がお薦めするテストプリントの方法

1)どんなサイズの画像でも、まずA5サイズに縮小し、そのまま補正なしでプリントします。
2)約30分ぐらい乾かします。
3)表現したい色、濃度、コントラストを確認します。
4)気に入らなければ、画像データに補正をかけます。
5)補正した画像をプリントします。
6)2)〜5)までを気に入るまで繰り返します。

 

お気軽にお問合せください

出力や紙選びに関するご質問、承ります

和紙プリントに関する知識と銀塩プリントの知識をもつ、アワガミ専任技師・郷司史
郎が、みなさんからのご質問にお答えいたします。
また、プリント出力サービスも行っております(→詳しくはこちらで

Eメールでお気軽にお問合せください。
shop@awagami.jp

郷司史郎(阿波和紙伝統産業会館 専任技師)

 

よくいただくご質問をまとめました

A.I.J.P.(アワガミインクジェットペーパー)についてよくいただくご質問をまとめました。
ご活用ください。
→A.I.J.P.(アワガミインクジェットペーパー)よくある質問

 

 

アワガミインクジェットペーパー AIJP ページTOPへ